8月18日に、今年度最初のこどもこうざを実施しました。

今回はリサイクルデザイン工房よりお越しの4名の先生にご指導いただき、自分ですいて作った和紙でミニうちわを制作しました。

まずは和紙を作ります。

紙すきの様子

牛乳パックから作ったパルプを簀桁(すけた)ですくいます。

今回作るのはうちわなので、薄くするのがポイントだそうです。

スポンジとタオルで脱水アイロンがけ

漉き簀(すきす)を外しタオルとスポンジで水分を取ってから、布に移してアイロンで乾かします。

アイロンは押し当てるようにして かけると良いそうです。

彩色

2枚目の和紙には、赤・青・緑の染料でそれぞれ模様をつけました。

次にうちわを作ります。

カーブに合わせて和紙を切る

型を使って印を付け、地紙下のカーブに沿うよう和紙を切ります。

のり付け

スプレーのりで2枚の和紙をうちわの骨に貼り合わせます。

この便利な段ボールの柵は、なんと先生のお手製です!

乾燥中の作品1乾燥中の作品2

乾燥中の作品3

一旦のりを乾かします。

うちわが形になってきました。

周囲の余分な和紙を切る

骨に沿って周囲を切り取ります。

集合写真

マーカーやシールで思いおもいに飾って完成!

世界にひとつだけの ミニうちわができました。

海や花火など、テーマを決めて作った児童もいました。

夏休み作品展に出すと言って、嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

先生方から「1年生もよく作れたね」「上級生がよく下級生をお世話している」とお褒めの言葉も頂きました。

立派な児童の姿が見られ、とても嬉しい講座になりました。

参加してくれた児童の皆さん、教えてくださった講師の皆さん、ありがとうございました!

※当記事に掲載の写真は一部加工しております

▲ページ上部へ戻る

  • -
  • 17:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


          

Profile

          

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
      

川渡地区公民館ホームページ

大崎市川渡地区公民館公式ホームページ

記事検索

このブログ内の検索
           

Link

Comment

Other

PR